iPhone 4Sを裏切りiPhone 8の主人となった私

iPhone 8

使用期間実に6年6ヶ月、クリエイティブに何かと理由をつけてホールドしていたiPhone 4Sだが、遂に機種変更してしまった。

 

つい3ヶ月前、iOSのアップデートを行なったiPhone 4Sだったが、結局、タイピングの反応やアプリケーションの動作などあらゆる場面において瞬発力が暴落した状態が恒常化し、スマートさの欠片もない使い心地による精神的苦痛に嫌気がさしたのである。

6年6ヶ月と実に歯切れの良い悪魔的使用期間であった。

そして、iPhone 4Sは、歴代最長期間使用した端末となった。

 

タイトルにもある通り、変更後の機種はiPhone 8となった。

本当は、持ち心地の良いiPhone 4Sとほぼ同サイズのiPhone SEのスペースグレイへの変更を望んでいたのだが、訪れたSoftBankショップに在庫がなく、入荷の可否についても曖昧な状態だったので、肩を落として泣く泣くiPhone 8のスペースグレーを選択した。

ディスプレイサイズは圧倒的に大きくなってしまったが、まあ、「住めば都」というように、使っていれば慣れて気にならなくなるだろう。

以下は、iPhone 4S(左)とiPhone 8(右)の比較画像。

iPhone4SからiPhone8 機種変更

 

ちなみに、ディスプレイに指定してある壁紙は、当ブランドxCROWxNILxTAILxCOCKx(公式ウェブサイト)の作品画像を編集して作ったオリジナルの壁紙である。

 

まだ入手したばかりで研究不足だが、そもそも販売時期で換算して6年分進化した上位機種なので、4Sから8へ飛び級で機種変更した私にとってのその機能性は身に余るレベル。

中でも、カメラの性能については、今後のブランド活動にとっても有効に活用できると確信が持てる。

 

iPhoneに限らず、スマートフォンにカテゴライズされる昨今のモバイル端末は、有効に使いこなすことができたならば、自らの将来に圧倒的な資産を築くビジネスパートナーにもなり得ることは容易にイメージ可能だ。

話が少しずれるが、近代において、先進国内に蔓延するフェイク混じりの情報はあまりにも膨大であるが、そこから自分にとって有益な情報をピックアップすることは決して簡単ではない。

例えば、我々の目の前には、大富豪になる方法も貧乏人になる方法も両方とも存在しているのであり、そのどちらを選択するかによって今現在のマインド、ひいては将来が決定するのである。

というより、潜在意識という名の確固たるマインドが、その信念に相応しい情報を自動的に選択し実行するため、まず我々は前者富豪であるべくマインドを書き換える努力をする必要があるだろう。

 

我々には選択の自由があるが、ただでさえ、支配者層の意図によって被支配者としてタグ付けされたこの星の90パーセント以上の人々には、優先的に貧乏人になるための情報が提供される傾向にある。

まずは、その悪意ある情報に惑わされぬ信念を己の中に持ち続けられるよう精進することが、貴重な体験として己の血肉となるのではなかろうか。

その先にこそ、当ブランドxCROWxNILxTAILxCOCKxが目指す超人化の答えが見えるはずなのであり、つまりは、己を自身で完全にコントロールすることができ、他者に操作される必要なく能動的にこの宇宙にとって最善の行動をとり続けることのできる人間、すなわち超人となることができるはずなのだ。

 

追伸。

尚、端末裸族の私がiPhone用ソフトケースまで買って、溺愛傾向。

iPhone 8 ソフトケース 大理石模様

 

 

以下はブログランキング。

賛助のクリックに感謝いたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

 

著/臣咲貴王



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください