デザインフェスタVOL.43開催模様 ~E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx~

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

デザインフェスタVOL.43が程なく終了したので、その開催模様の報告を。

5月14日(Sat.)、5月15日(Sun.)の二日間を通して昼間の地上界に降り立つという無茶をしたので、いささかなる疲労を感じずにはいられないが。

 

出展ブースナンバーはE-248。

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

当ブランドxCROWxNILxTAILxCOCKxのディスプレイはこのようであった。

ベルベット調の赤い布を張った烏色の額縁を土台として、商品を陳列するスタイルは前回のVOL.42と変わらず。

 

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

 

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

 

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

 

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

宇宙一のスカルリング「GEBURAH(ゲブラー)」を中心に、当ブランドのラインナップの半数以上を展示販売した。

 

デザインフェスタVOL.43 E-248 xCROWxNILxTAILxCOCKx

公式オンラインショップで販売中のワックスサンプルも2点のみ出展。

 

私などは、店舗スタッフに熱烈な接客をされることに対して強烈に忌避する傾向にある人種なので、自分からはお客様に声をかけない地蔵スタイルの接客を基本としている。

聞きたいことがあれば、お客様から声がかかるだろうし、それを待たずして相手が必要としていない商品スペックに関してつらつらと語る姿に、アーティストとしての品性を見いだすことができないという理由もある。

しかし、ああしてレンタル備品のパイプ椅子に長時間鎮座していると、神聖なる睡魔の魅力に自分の存在意義を吸い取られそうになる瞬間が多々ある点において、品性があるかと問われると甚だ疑問ではある。

たまに立ち上がってみたり。

 

そんなことで、二日間のイベント期間を無事に終えたわけであるが、約3,400にのぼるブースが犇めく中から、偶然であるなしに関わらず当ブースに立ち寄っていただいた方々には、悪魔たりとも感謝を述べずにはいられない所存である。

 

そして、次の記事では、今回合同出展となったアトリエちぃぷぅの展示模様についてもご紹介しようと思うので。

 

以下はブログランキング。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

 

著/臣咲貴王



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。