【新作情報】 啓蒙の鬼女リング「HORNED ILLUMINATI」販売開始

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

2018年6月6日(Wed.)、xCROWxNILxTAILxCOCKx for DEVILの新作となるリング「HORNED ILLUMINATI(ホーンド・イルミナティ)」の販売を無事に開始することができた。

「啓蒙(けいもう)」をテーマに掲げ、二本の角を持つ鬼女としての女性がミイラ化する様子を造形として描き出したリングである。

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

 

作品詳細の閲覧は下記公式ウェブサイトへ、

http://xcrowxnilxtailxcockx.com/horned_illuminati.html

 

ご購入は下記の公式オンラインショップへお願いいたします。

http://www.xcxnxtxcx.com/SHOP/1801R.html

 

以下、簡易的な作品解説を、公式ウェブサイト上には未公開の画像と共に綴っていこうと思う。

 

尚、本作の制作には一年を遥かに超える期間が費やされた。

特に、リング裏のデザインがなかなか決まらず難産を極めていたのだが、個人的には満を持してようやくリリースできたことに一入(ひとしお)の安堵(あんど)を感じている。

 

for DEVILラインの作品ということで、使用マテリアルはもちろん硫化銀(表面全体に燻しを施したSilver925)ゴールド(K18)の二大貴金属。

大部分をシルバーが占めているが、本作の重要部位であるミイラの眼球及びリングの裏側に埋め込まれた松果体モチーフにゴールドを使用している。

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

 

実制作に関してだが、本作はワックス原型の造形過程において個人的に新しい試みを交えており、ミイラの歯の一本一本を裁縫用の針で彫るという手法を導入している。

この新たな手法の開拓によって、今後の作品制作にも良い影響が期待できるだろう。

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

 

タイトルの「HORNED ILLUMINATI」を直訳すると「有角の啓蒙主義者」となる。

本作におけるILLUMINATI(イルミナティ)の意味は「啓蒙」であり、組織としてのイルミナティが持つ思想との関係性は薄い。

しかしながら、表面的な理念の共通性において否定を唱えることは必ずしも是(ぜ)ではなく、また、イルミナティの象徴である蝙蝠(コウモリ)のシルエットをリングサイドのデザインに採用していたりもする。

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

 

啓蒙主義とは、現実世界の理性による解釈を絶対視する思想であり、イルミナティ、つまり「啓蒙主義者」とは、「目覚めた者(覚醒した者)」といったニュアンスの解釈が一般的にはなされている。

本作のコンセプトにおいては、転じて、知識を得ることによる顕在意識(けんざいいしき)の変化がもたらす外界への影響を造形として抽象的に落とし込んだものが「HORNED ILLUMINATI」であるとしている。

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

 

また、目覚めた者の象徴として、ヨガなどにおいて意識覚醒のシンボルとされている松果体(脳の一部である内分泌器)をリング裏のデザインに採用しており、眼球部分と繋がっているこの部分に資産としてのゴールド(18金)を使用することによって、覚醒がもたらす叡智の現象世界を象徴的(素材としての貴金属マテリアル)且つ具体的(松果体というモチーフ)に表現している。

 

制作の動機としては、当ブランド七大使命(公式ウェブサイト)の第七章に基づく超人化、人々の意識を向上へ導くという理想が発端となっている。

公式ウェブサイト上の「HORNED ILLUMINATI」詳細ページのキャプションから読み取れる情報を造形媒体に落とし込んだ本作。

 

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

Silver925&K18 鬼女リング 「HORNED ILLUMINATI」 販売開始

皆様の手に着用していただければ、この上ない喜びとして咀嚼する次第にございます。

 

以下はブログランキング。

賛助のクリックに感謝いたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

 

著/臣咲貴王



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。