七大使命解説「第六章 -社会の変革-」

xCROWxNILxTAILxCOCKx for DEVIL 七大使命 「社会の変革」

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、ブランドが齎す世界観によって、社会の望ましい方向への変革を促すことを使命とする。」(xCROWxNILxTAILxCOCKx for DEVIL 七大使命より)

 

七大使命解説第六回。

今回は、第六章「社会の変革」についての補足。

 

以下、第六章全文の引用となる。(2018年4月時点)

“第二章にて、論理的な解説をしてきた「神秘的マテリアルと退廃的世界観のケミストリー」というブランドコンセプト。

このコンセプチュアルな事業理念、使命の最終的な目標は何なのだろうか。

人類という存在の愚かさの象徴として、これまでの歴史の中で生み出されてきた環境問題をはじめとする幾多の負の遺産については、現代社会の惨状を目の当たりにすれば火を見るより明らかなはずである。

表面上は滞りなく機能しているように見える社会基盤ではあるが、所詮は浄化不能な史実に死化粧で蓋をして取り繕っているに過ぎない。

にも関わらず、文明社会に投獄された我々のほとんどは、これらの諸問題に対して無頓着な生活を送っており、いわゆる金融資本主義社会の檻の中でいかに生命を維持するかという低俗な目的意識に人生をフォーカスさせている。

この矮小な意識の源泉はどこにあるのだろうか。

死と生、悪と善、女性と男性、月と太陽、醜さと美しさなど、我々の根本的な精神構造は相反する陰陽の二元性によって構成されている。

この二元論的な精神世界が物質世界に反映したものを、我々は現実世界として認識しているのである。

生存という本能的な目的を持つ我々人類は、陰の極限的要素、つまりは、「死」という現象に繋がる選択を避けることによって繁栄してきた歴史を持つ。

よって、死をはじめとする陰の要素に対して、過剰な忌避反応を示すような思考回路が遺伝子レベルで刻み込まれているのである。

そして、現代社会という名の牢獄は、このネガティブな感情を利用することによって我々を行動へと駆り立てる。

つまり、労働して賃金を得なければ死んでしまうという恐怖を植え付けることによって支配を行使しているのである。

このような支配的な社会を成立させ得る人間の欲求という生理的現象にフォーカスすると、xCROWxNILxTAILxCOCKxの「CROW」は、生ごみを漁るカラスのような「貪欲さ」に、無の象徴としての「NIL」は吹き消された欲望のように静かな「涅槃(ねはん)」に当てはめることができる。

更に、「TAIL」は快楽への誘惑を振り払うための「尻尾」として、「COCK」は繁殖としての隆盛を要求する「陰茎」にそれぞれ例えることができ、人間の欲求が創り上げた世界の二元性の象徴として捉えることができるのである。

そして、ここに不条理な支配構造の下に成り立つ現代社会に対する疑問符としての情念が込められていることが読みとれる。

相反する概念の融合を唱えるxCROWxNILxTAILxCOCKxの本質は、この陰なる事象にのみフォーカスを当てるのではなく、また、反対に陽へ向かおうとするポジティブな心理のみを拠り所としているわけでもない。

それら陰陽の二面性を分離させて考えるのではなく、統合させることによって生じる善とも悪ともとれぬ巨大な理念を通して、もはや救いようのない受動的な社会システムを変革へと導き得る叡智を獲得すべく活動しているのである。”

以上、公式ウェブサイトより引用。

 

第二章の「魔術的シンクロニシティ」が示す目的意識が持っている潜在能力を、より拡張した領域へ波及させるべく構築された「コンセプチュアルな使命」としての本章。

 

資本を「陽」として崇拝し、それに対する貧困を「陰」なる恐怖として盲信するが故に生まれる我々の強烈な信念は、現代社会に蔓延する不幸の根源と言えるのではなかろうか。

我々の考え得る自由や幸福などというものは、経済成長という目的を原理として彼らが決めたルール、彼らが決めた価値観に追従することで得られる焼き増しの模倣体験であるに過ぎない。

それら陰陽二元論の統治下で隷属的待遇を黙認する世相にメスを入れるが如く、二元性の鉄格子を取り払うための非二元的思想体系としての叡智を獲得し、知的財産として作品コンセプトに取り入れることによって、社会全体、ひいては世界全体を変革させ得るブランドへと成長していくことをひとつの使命として定義した壮大なる本章。

 

率直に申し上げて、それがどのような叡智であるのかという具体的な答えを、現時点でのxCROWxNILxTAILxCOCKxは知らない。

だが、ブランド設立当初は胎芽のように脆弱(ぜいじゃく)で朧(おぼろ)げであった事業理念を、七年もかけて七大使命の形にまで成長させることができたのは、社会変革を目指すその志が本物であるからに他ならない。

×黒×鬼×帝×國×時代も合わせると、実に十二年の活動期間である。

であるからして、未来の当ブランドにおいて、二極統合の神秘が吐き出すであろう叡智と呼び得る「神聖なる吐瀉物」の具現化に、是非とも期待していただきたく魂の底から思っている。

 

第六章補足は以上。

次回は、いよいよ第七章「超人化」について解説する。

 

公式ウェブサイトはこちら。

xCROWxNILxTAILxCOCKx for DEVIL公式ウェブサイト

 

以下はブログランキング。

賛助のクリックに感謝いたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

 

著/臣咲貴王



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。