恵みの調湿とハバノスの群れ

ハバナシガー ハバノス

今後数ヶ月に亘って愉しむためのキューバ産プレミアムシガーを数本購入した。

ストレス過多な資本主義社会において創造性を発揮するためには、脳内をニュートラルなリラックス状態に保っておくことが重要であり、私にとっての葉巻はそのための手段であるのだ。

キューバ産の葉巻は、葉巻大国であるキューバの首都である「ハバナ」の地名から、「ハバナシガー」、または「ハバノス」などと呼ばれ珍重される。

 

仲間に加わったハバノスは、未経験の銘柄を含む以下の5本。

ハバナシガー ハバノス

 

左から、

  • 「BOLIVAR ROYAL CORONAS | ボリバー ロイヤル コロナス」
  • 「PARTAGAS SERIE D No.6 | パルタガス セリーD No.6」
  • 「MONTECRISTO MEDIA CORONAS | モンテクリスト メディア コロナス」
  • 「H.UPMAN HALF CORONAS | H.アップマン ハーフ コロナス」
  • 「HOYO DE MONTERREY PETIT ROBUSTO | ホヨー ド モントレー ペティ ロブスト」

 

以上の5本。

「王の鼻舌」にて、今後彼等が灰と化す様子のレビューを残していくつもりだ。

 

そして、葉巻保管庫内の湿度調整に関して、以前より試してみたかったヒュミディパックを導入した。

 

 

こちらは、庫内に入れておくだけで湿度を69パーセントの最適環境に導き保ってくれる逸材である。

ヒュミディパックは他にも数種類あり、湿度72パーセントや75パーセントのものなどがあるが、過加湿によるカビの発生などのリスクヘッジとして、69パーセントを選択した。

パッケージデザインも優秀なので、保管庫内のグレードが上がった気がする。

尚、調湿効果が得られる期間は一カ月程度とのことで、液状の中身が硬化することで交換どきを知らせてくれるようだ。

ハバナシガー ハバノス

 

ちなみに、これまで庫内の調湿に使っていたエバーウェットは、ドライシガー専用の湿度調整剤として機能させることにした。

 

 

偉大なるハバノスの恵みとなるべく、ヒュミディパックには力を尽くしてもらいたい。

ということで、シガーライフの近況報告。

 

以下はブログランキング。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

 

著/臣咲貴王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。